「おこづかい」をあげようと思っているけれど、正しいあげかたが分からないママへ

「おこづかい」のあげ方を変えるだけで、どうして「お金を上手に使って増やせる大人」になるのか?

親子でゲームを楽しみながら、じょうずにお金を使うコツを身につける方法を知ることができます。

「おこづかい」についてこんなことでお悩みではありませんか?

ただなんとなく、毎月500円あげればいいかな?と考えてはいませんか?

「おこづかい」をあげようかな、と保護者の方が考えはじめるのは、小学校入学がきっかけになることが多いようです。

では、皆さんいくらあげているのか?それは「ひとつき500円」が大多数を占めています。

「先輩ママに聞いたら、ひと月500円あげていると言っていた。」

「ネットで検索したら小学校1年生は500円が適正と載っていた。」

「自分が親から同じようにもらっていた。」

「おこづかいの正しいあげ方」で気を付ける事は、たった2つだけです。

なんとなく、人から聞いたから、という理由で毎月500円のおこづかいをあげるなんて、もったいないことはしないで下さいね。「おこづかい」を正しくあげるためのポイントは、親子が同じ方向を向いて、〇〇と〇〇を考えること、ただそれだけです。

2019春休み親子おこづかい教室は、これから「おこづかい」をあげようかな、と考える4歳~7歳のお子さんとママ向けです。

小さい子用の「おこづかいゲーム」を楽しみながら、親子で一緒に「おこづかい」のポイントを身につけましょう!

講師プロフィール

4歳~7歳のお子さんとママ向け春休み親子おこづかい教室

対象:4歳~7歳のお子さまと保護者(小学生以上の兄弟参加も可)

開催日:2019年3月28日(木)・31日(日)

時間:10:00~11:30

(受付は9:45分~)

両日とも内容は同じです。

場所:塩尻市市民交流センター(えんぱーく)301会議室

参加費:無料

これから「おこづかい」を始めたい方向けの内容です。

「お金を上手に使って・貯めて・ふやせる大人」に成長できる「おこづかいのあげ方」を知りたいお父さん、お母さんはぜひお子さんといらしてください。

親子おこづかい教室(小学生向け)に参加した保護者の感想

親子おこづかい教室に参加した小学生の感想

親子おこづかい教室を開催するわけ

これまで、「おこづかい」ってどうやって、いくらあげたらいいの?と悩む方からの相談をたくさんうけてきました。そのほとんどが、お子さんが小学生以上の方々です。すでに「おこづかい」をあげているけれど、やり方がわからないまま続けている。高校生、大学生のお子さんがいる方の話を聞けば、「子どもがあるだけお金を使ってしまって困っている。どうすればいいですか?」という悩みをお持ちの方も沢山います。

その一方で、お子さんと一緒にお金について考えている、成長してからも運用や投資についての話題が親子のコミュニケーションツールになっている、という方もいました。

この方々の違いは、「小さなころからお金について親子で話をしている」ことだけです。

今回の親子おこづかい教室では、「将来子どもの為になる、おこづかいのあげ方」をお伝えします。

私には「緊急じゃないけれど大切なこと、私に相談すればもう悩まなくていい。」という理念があります。

「おこづかい」を「絶対にこうやってあげなさい。」という決まりはありません。

でも、「おこづかい」について親子で考えることはとても大切なことです。

「このやり方でいいのかな???」と悩む時間は無駄です。

私がお伝えする「コツやポイント」が、あなたの「おこづかい」について考える漠然とした悩みや不安を解決できます。

参加者特典

親向け・・・おこづかいフォローブック

お家でお子さんと「おこづかい」についてのルールをつくるために役立ちます

こういうときにどうすれば?の事例も載っていますので参考にして下さい。

お子さん向け・・・今日からはじめられるおこづかい帳

おこづかいの約束事も記入できます。簡単なので、小さいお子様でも使えます。

申し込みはこちらから

予約希望日(必須)

時刻(必須)

お子様の人数(必須)

お名前(必須)

メールアドレス(必須)

電話番号(必須)

メッセージ

入力内容を確認しました

日程が合わなくておこづかい教室に参加できない方へ

3月31日(日)までの期間限定で、「おこづかい教育5つのポイント」のPDFが無料でダウンロードできます。

ちょっとだけ見てみる