「おこづかい」いつから始めたら効果的?

あなた自身は子どもの頃、親御さんからのおこづかいを、いつからもらいましたか?

自分の子どもを目の前にすると
「さて、どうしたらいいのかな?」
「みんなはどうしているのかな?」

と気になりだしたら止まらない、「誰か!教えて!」と思いませんか?

前編は
「おこづかい」あなたのお子さんの始めどきの見極め方
をお話ししました。

お子さんの「始めどき」がきたらまずやること

後編では
お子さんの「始めどき」がきたらまずやることをお話ししますね。

3歳以上のお子様の場合は、お金に興味を示したらまず定額制のおこづかいにするのではなく、次の方法を試してみて下さい。

買い物の時にお財布に50円〜100円を入れてあげて、「お金は使ったらなくなってしまう」ことをまず覚える。
この程度から少しずつお金に慣れさせていくのです。

小学校1年生でやっと数字も120まで学ぶのですから、幼児のうちから計算させて管理するのは無理ですよね。

まずは、手元にあるお金は「モノ」と交換すると無くなってしまう。

この経験をまず最初にお母さん、お父さんと一緒にたくさんして下さい。

お金の使い方に口を出したくなる場面も出てくると思いますが、まず始めはガマン・・・ガマン・・・です。
この段階では「なくなる」ことを経験させるのですから。

「なくなる」ことがわかってきたら、次の段階として「貯める」ことをお話ししていくのがスムーズです。
欲しいものを都度買ってもらっていると、お金がなくなることを体感できません。

自分の欲しいものを
自分の財布から買う

お金がなくなる

なくなったらもう買えない

この体験を繰返すことが大切です

「お金がなくなること」に慣れるとだんだんと「貯めたい」という気持ちが芽生えてくるので不思議ですね。

欲しい気持ちとガマンする気持ち。

大人になってからも上手にコントロールできる人は、小さな頃から「お金は使うとなくなるもの」ときちんと理解できているようです。

これも経験しないとわかりませんね。

自分や家族だけではない
誰かの人生に寄り添えること
この仕事が天職で幸せです。

時間を味方に。私も味方に。

知らないことで損していたり
しませんか?

ほんの少しの気づきで無駄なお金を減らすことができます。

私の理念は
「あなたの無駄な時間と無駄な出費を減らして
有益な時間とお金に変える。
こんな素晴らしいことが私の仕事です。」

質問等は個別相談をご活用ください。

お問い合わせ内容(必須)
追ってご連絡いたします。

面談希望場所(必須)下記より選択してください。

お名前(必須)

同業者のご参加は堅くお断りしております(必須)

メールアドレス(必須)

電話番号(必須)

メッセージ

入力内容を確認しました

ここまでお読みいただきまして
いつもありがとうございます。
🔻プロフィールはこちらから🔻
@chiemikarasawa