ウソ!3人に1人が知らない?退職金の話

こんにちは、唐澤です。

先日、お客様とね、退職金の話題になりました。

あなたは自分や旦那様の退職金がいくらもらえるのか確認したこと、ありますか?

私、会社の就業規則を見ることが好きです。

もう本当に穴が空いてしまうくらい。

・・・なのでかなりビックリしたのですが

①就業規則を見たことが無くて

②退職金がいくら支給になるのか

なんと3割の会社員が退職金を知らずに定年を迎えるという事実があるということ、ご存じでしたか?

もし、あなたや旦那様ががこの3割に当てはまりそうでしたら、急いで続きを読んでみて下さいね。

え?退職金を受けとるまで金額を知らないのは普通じゃないの?

2019年に話題になった「老後に不足する2000万円問題」、あなたは覚えていますか?

金融庁のホームページに掲載されているレポートへのリンクはこちら

https://www.fsa.go.jp/singi/singi_kinyu/tosin/20190603/01.pdf

このレポート14Pに、こう書かれています。

「退職金の給付額を把握した時期について、

約3割が「退職金を受け取るまで知らなかった」、

約2割が「定年退職半年以内」と回答している」

退職金の計算方法は何で確認すれば良いかご存知ですか?

そう。

「就業規則」です。

「老後が不安です」

とか

「将来のためにお金貯めたいけれどいくら貯めればいいの?」

とか

不安に思う気持ちはよくわかります。

だって、「何かしら(退職金や公的年金)もらえることは分かっているけれど、何からいくらもらえるのか」がそもそも分かっていなければ考えようがないですよね。

ご自身や配偶者の給与や退職金、ボーナスがいくらになるのか?

現在・未来の収入が把握できていなけば、今いくら貯めてよいのかわからないのは当たり前のことです。

知りたいのか、知りたくはないのか、あなたが良いなら正直どちらでもいいと思いますが、

あとになって後悔する人を私は減らしたいな、と常々思っています。

タイムイズマネー。時は金なり。

お金を増やして育てる事に効く1番の栄養は

「時間」ですよね

知らずにいるということは、老後破綻の危険が迫っているってことです!

 

個別相談では、「老後もらえるお金」を一緒に計算します。

自分が欲しい金額に届かない分はどう準備すればいいのか。

無理して収入を増やさなくてもお金の置き場所を変えるだけでいい人もいます。

あなたに合った具体的な方法、知りたい方だけにお伝えしていますので

「自分のお金で、好きに遊んでいるおばあちゃん」に一緒になりましょう★

6月の無料個別相談枠は満席となりました。

7月は先着3名のみ無料で相談頂けます。

お早めにお申し込み下さい。

お問い合わせ内容(必須)
追ってご連絡いたします。

面談希望場所(必須)下記より選択してください。

お名前(必須)

同業者のご参加は堅くお断りしております(必須)

メールアドレス(必須)

電話番号(必須)

メッセージ

入力内容を確認しました