夕飯の支度も最終段階にさしかかったところ
次男「かーちゃん、ちょっと夕飯に一品追加していい?」

私「え、、、。今から?もう全部できるよ」

次男「ちょっと、いいものなんだよ。作りたいんだけど手伝ってくれないかな?大丈夫だよ、かーちゃんがやるのは一つだけだから。あのね、トマトを使ってイタリアン風でなんたらかんたら・・・」
説明が長い&よく分からない、、、。

めんどくさくなったので、いきなり卑怯な攻撃を。
私「宿題全部終わって明日の準備も終わってる?」

次男「は?何?今カンケーないじゃん!きーてなかったの??さっき終わったって言ったわ!!」

おー、半ギレ具合が母親ソックリ。こわ。
はいはい。わかりました。反省しました。

ここらで始めないと手がつけられなくなります。まぁ、私の手伝いは一つだけだって言うし、せっかくなのでイタリアにトリップしようか♫と、旅行気分で便乗することにしました

私「Ciao!チャオ!May I help you?」

次男「(無反応)・・・オラはさ、トマトの中身をとってミキサーにかけるね。かーちゃんには・・・ポテトサラダ作って欲しいんだ。トマトの汁とポテトサラダまぜて綺麗な色にしたらオラが中に詰めるんだよ。かーちゃんは詰めちゃダメだよ。名前はね、イタリア風なんたらかんたら(しかし長い)」

作業量、私の方が圧倒的に多くありませんか??
でもあっという間にできた、オラのイタリアン。トマトを贅沢に使って、とても美味でした